入門シリーズ 暗号学

【偉人】エニグマ暗号機を解読!アラン・チューリングについて

この記事では、第二次世界大戦中にエニグマを解読したなどの功績から、"コンピュータの父"とも呼ばれているイギリスの天才数学者、アラン・チューリングの人物紹介をします。

はじめに

近年、様々な場面でコンピュータが使用されるようになり、もはやコンピュータのない生活を想像する方が難しくなってきています。

社会人が業務にて使用することはもちろん、学生や幼児であってもスマートフォンをはじめとした、コンピュータデバイスを日常的に用いることが当たり前になってきました。

アラン・チューリングは、その現代的なコンピュータの基本的な動作モデルを作り出した人物として世界的に知られています。

また、第二次世界大戦中、チューリングがドイツ軍の使用していた暗号機エニグマを解読したことによって、連合国側は有利に戦争を進めるできるようになりました。

このこともあってか、一部から戦争の英雄とも呼ばれています。

アラン・チューリングの人物像

アラン・チューリングは1912年に生まれました。父が当時イギリスの支配下であったインドの高等文官として働いていたこともあり、かなり裕福な家庭で育ったようです。

幼い頃から、数学や科学にとても関心があり、16歳の時に母に送った手紙の中では、アインシュタインの相対性理論の疑問点を指摘するほどでした。

ただ、数学や科学ばかりを学んでいたことが原因で、第一志望であった大学の奨学金を受けられず、第二志望であったケンブリッジ大学キングス・カレッジに進学しました。

大学を卒業した後は、暗号解読組織である政府暗号学校でパートタイムで働いていました。

また、長距離走がとても得意で、会議に参加するために64kmもの道のりを、世界レベルのマラソン選手並のスピードで走って移動したそうです。

アラン・チューリングの功績

彼の功績は多数ありますが、その中でも特に有名な事例を紹介します。

1.チューリングマシンの発明

「計算可能性」に関する議論を行うための抽象機械、チューリングマシンを発明しました。

これによって、当時の数学には存在しなかった「アルゴリズム」という考え方を形式的に説明する手法が確立され、計算機科学分野の発展に大きく貢献しました。

2.エニグマ暗号機を解読する"ボンベ"の開発

第二次世界大戦の前半、イギリスは、ドイツ軍の潜水艦によりアメリカからの補給船を次々と破壊されてしまい、深刻な危機に陥っていました。

この潜水艦がエニグマと呼ばれる暗号で指示を受けて動いているということを知り、チューリングを中心とした数学者のチームが、この暗号の解読に取り掛かりました。

この過程でチューリングらは、"ボンベ(bombe)"という電気機械式の装置を開発し、エニグマ暗号機の解読に大きく貢献しました。

エニグマ暗号の詳細に関しては、こちらの記事で紹介しています。

3."チューリングテスト"の提唱

仲の良かった男の子を若い頃に亡くして以来、"機械は考えることができるのか?"ということに、チューリングは関心を持っていました。

そこで、被験者に、人、あるいは計算機とタイプライターで会話をさせ、相手が人か、計算機かを判断させるというゲームを発案し、実験を行っていました。

この時、被験者が自分が対話している相手が人か計算機か分からないのであれば、その計算機は"人工知能であると考えるべき"だというのがチューリングの主張になります。

このテストは、現在の人工知能研究のベースともなっており、これを突破できる計算機システムの開発が行われています。

アラン・チューリングの最期

チューリングは、一時期婚約者がいたこともありますが、同性愛者として生きていました。

1952年、そんなチューリングの自宅に泥棒が入り、その捜査の中で彼自身が同性愛者であることが警察に知られてしまいます。

当時のイギリスでは同性愛が違法であったため、チューリングは逮捕されてしまい、当時性欲を抑えられると考えられていた、女性ホルモン注射の投与を受け入れることとなりました。

これにより、世間的に批判されるようになり、当時勤めていた暗号コンサルタントの職も追われることとなってしまいます。

1954年、チューリングは自宅で亡くなっているのが発見されました。

部屋に1口かじられたりんごと、青酸のビンが残っていたことから、彼の死は自殺だと判断されています。

アラン・チューリングにまつわる都市伝説

たくさんの功績を残してきたチューリングにまつわる都市伝説は、至る所に残されています。

その中でも有名な話として、Appleのロゴマークがあります。

このマークのりんごには右半分にかじったような後があります。

このデザインの制作を担当したロブ・ジャノフ氏は、「リンゴが他の丸い果物ではなく「リンゴ」に見えるシルエットにするために、」このデザインを作成したと話しています。

ところが、そもそものデザインを依頼した故スティーブ・ジョブズ氏がチューリングを崇拝していたという逸話が残っています。2015年に公開された映画、「スティーブ・ジョブズ」においてもジョブズがチューリングに影響を受けている様子が描写されています。

これらの話題が転じて、Appleのロゴのリンゴはチューリングによってかじられたものを表しているのだ、という都市伝説ができたようです。

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/secure.notion-static.com/0a0fe473-e51b-47e4-952c-4ef0135bfa14/medhat-dawoud-f-3mUXFLY2o-unsplash.jpg

イギリスによる贖罪

戦中は機密情報でもあったため、チューリングが生涯その功績によって評価されるということは多くありませんでした。

しかし、2009年に当時のイギリス首相が公式に名誉の回復を宣言し、2013年にはエリザベス2世女王の名の下に、正式に恩赦が発効しました。

また、2014年には、チューリングが主人公のモデルとなった映画、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」が公開されています。

さらに、2021年にはチューリングの顔が、新しい50ポンド紙幣として採用される事となっています。

まとめ

アラン・チューリングは、エニグマ暗号機を解読するなど、計算機科学や暗号理論の分野において多大な功績を残してきました。しかし、時代に恵まれず、不遇な最後を迎えてしまったようです。

ただ、彼が残してきた功績は、現在正当に評価されており、彼の存在が現在の計算機科学の発展を支えていると言っても過言ではありません。

チューリングが戦争のために研究に取り組んだ暗号学は、今や、個人情報を活用するための手段として期待され、多くの団体、企業において研究されています。チューリングがエニグマを解読したことによってイギリス国民を守ったように、暗号技術が進歩することで私たち消費者の暮らしが守られる日々がやってくるでしょう。

  • 幼い頃から数学や科学に興味を持ち、若くしてその才能を様々な分野で発揮した。
  • 計算科学の分野において多くの成果を残し、現代の計算機科学の礎を作った。
  • 悲惨な最後を迎えており、その後も様々な都市伝説が残っている。
  • 英国政府によって贖罪が行われ、現在は正当に功績が評価されている。

メンバー募集

Acompanyでは、秘密計算の社会実装に向けてメンバーを絶賛募集中です!
優秀なメンバーが集まる環境で世の中に新しい価値を作る挑戦を僕らとしませんか?
以下の分野のメンバーを募集中です!

✅ MPCエンジニア
✅ マーケティング
✅ バックオフィス

興味がある方は、まずは軽くお話しするだけでも大丈夫ですので、ぜひご連絡ください!😎

話を聞きたい!

-入門シリーズ, 暗号学
-, , , , ,

© 2020 Blog | Acompany Co., Ltd