個人情報保護 法律

個人情報ルールの統一によりデータ共有が進められる?

はじめに

日本政府は2021年2月9日、個人情報保護法の改正案を閣議決定しました。

改正案では、今まで国と地方自治体ごとに異なっていた、個人情報を取り扱うルールの統一化を図ることが取り決められました。

個人情報ルールがバラバラであるため、異なる地域や機関でのデータの利活用に格差が生じてしまいます。

今回の取り決めによって、今までルールが乱立していたために生じた「データ化」や「データ連携」における問題を解決することができます。

本記事では、個人情報ルールの統一化が決定した背景、ルールが乱立することによって生じる問題と、一本化するメリットについて解説します。

 

2003年に定められた個人情報保護法については以下の記事で解説しています。

【入門】個人情報保護法をわかりやすく解説!「個人情報」を理解しよう

また、2020年版の改正個人情報保護法については以下の記事で詳しく解説しています。

改正個人情報保護法の概要をわかりやすく紹介!

個人情報を取り扱うルールの乱立

現在日本には、いくつもの個人情報を取り扱う際のルールが存在しています。

国の法律では個人情報関連の法律は以下の3つ存在し、対象によって適用される法律が異なります。

  • 個人情報保護法(民間企業が対象)
  • 行政機関個人情報保護法(国の行政機関が対象)
  • 独立行政法人等個人情報保護法(研究機関・国立大学・国立病院が対象)

また、地方公共団体の個人情報保護条例は、自治体や広域連合などで異なるため、全国で約2000個あると考えられています。

そして、国と地方自治体で定められた個人情報ルールが約2000個乱立しており、この状態を「2000個問題」と言います。

個人情報保護法の改正によって、国の法律も一本化し、地方公共団体ごとに異なる個人情報ルールを整備することで、乱立していたルールの統一が図られるのです。

2000個問題によって生じる問題

2000個問題によりデータ化・データ連携において大きな問題が生じています。

参考に、病院の事例を考えます。病院は設置主体ごとに適用される法律が異なります。

例えば、A病院から適用法令が異なるB病院へ患者を転院させる場合、A病院とB病院では個人情報を保護する法律が異なるため、データの共有がスムーズに行えません。

実際に、コロナウイルス感染者が他の病院へ転院する際に、感染者のデータが転院先の病院に送られないといった問題が生じました。

同じような問題によって、重症患者の治療が遅れたケースも見られたそうです。

 

2000個問題が影響を及ぼすのは医療だけでありません。

2011年の東日本大震災では、自治体が所有する災害時要配慮者のデータが、NPOなどの支援団体にほとんど提供されなかったため、救助活動に遅れが生じてしまいました。

このことを踏まえて、2013年に災害対策基本法が定められ災害時のデータ提供が可能になりました。

しかし、データ提供は災害時のみであり、平常時では本人の同意が必要となるため、災害に備えて要配慮者のデータを共有することはできません。

また災害対策基本法では、避難が困難な要支援者の名簿の作成も義務付けられましたが、平常時において、作成した名簿の提供に関しては自治体ごとに異なり、災害対策に活用できない場合もあります。

 

医療・災害以外にも、児童相談所では転所をする際に、地域が異なるためにデータ共有がスムーズに行えなず、児童への対応が遅れてしまったケースも見られます。

個人情報ルールが統一されることのメリット

個人情報の取り扱いが統一されることによって2000個問題が解決され、データ共有・データ連携がスムーズに行われると考えられています。

先ほどの病院の例では、個人情報ルールが統一されると、患者のデータを転院時にスムーズに共有でき、治療に遅れが生じることは少なくなるでしょう。

 

また、個人情報の取り扱いを分野で限定してしまうと、他の分野との連携が円滑に進みません。

例えば、医療分野のみで個人情報の取り扱いを定めたとしても、医療と密接に関係する製薬や介護などの分野と連携した際に、2000個問題と同様の問題が生じてしまいます。

そのため、1つの分野に限定せずに個人情報ルール全体を統一することが必要になります。

 

個人情報ルールが一元化されることにより、データを共有する際の障害が取り払われ、データ化が促進されるでしょう。

まとめ

  • 政府は、今まで乱立していた「個人情報を取り扱う際のルール」の一本化を図ることを取り決めた。
  • たくさんの個人情報ルールが乱立している現在の状況は「2000個問題」と呼ばれている。
  • 2000個問題によってデータ共有やデータ連携がスムーズに行うことができないため、ルールの統一化が重要である。

参考

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68985650Z00C21A2EE8000/

http://www.rilg.or.jp/htdocs/img/reiki/PDF/17/2000komonndai.pdf

https://news.yahoo.co.jp/byline/okamototadashi/20150513-00045653/

メンバー募集

Acompanyでは、秘密計算の社会実装に向けてメンバーを絶賛募集中です!
優秀なメンバーが集まる環境で世の中に新しい価値を作る挑戦を僕らとしませんか?
以下の分野のメンバーを募集中です!

✅ ソフトウェアエンジニア
✅ マーケティング
✅ バックオフィス

興味がある方は、まずは軽くお話しするだけでも大丈夫ですので、ぜひご連絡ください!😎

話を聞きたい!

-個人情報保護, 法律
-, , , , ,

© 2021 秘密計算の国内最大ブログ | Acompany Co., Ltd. Powered by AFFINGER5