GDPR罰金まとめ(2023年1月時点)

  • calendar2023.01.19
  • reload2023.01.25
投稿者:編集部
ホーム » 法律 » GDPR罰金まとめ(2023年1月時点)

はじめに

EUでは、EU域内の個人データ保護を規定する法として、1995年から現在に至るまで適用されている「EUデータ保護指令(Data Protection Directive 95)」に代わり、2016年4月に制定された「GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)」が2018年5月25日に施行された。

GDPRは企業の大小を問わず、「コンプライアンス違反」という失態に高額の罰金を科すことによって法令遵守の意識を高めることが目的とされている。

本記事では、GDPRの罰金の種類について触れた上で、今まで罰金を科せられた企業のリストアップを記載する。(定期更新)

GDPR罰金の種類

罰金の前提となるGDPRについての詳細は、以下の記事を事前に参照されたい。

GDPRには、特定の種の違反は他の種の違反よりも罰金が高額になると記載されている。

違反の程度が軽度な場合

罰金の額は最高1,000万ユーロ(日本円にして140億円程度)、あるいは前年度の会計における年間売上高の2%のいずれか高い方の額が罰金として科される。

以下の条文に対する違反が主な対象となる。

軽度な違反に該当する事柄

違反の程度が重度な場合

罰金の額は最高2,000万ユーロ(日本円にして280億円程度)、あるいは前年度の会計における年間売上高の4%のいずれか高い方の額が罰金として科される。

以下の条文に対する違反が主な対象となる。

重度な違反に該当する事柄

GDPR罰金金額ランキング(1000万ユーロ以上)

以上を踏まえた上で、2018年よりGDPR罰金を科せられた企業一覧を、科せられた金額の多い順に記載する。

また、GDPRによって罰金が科されたケースを全てリストアップすると1600件以上に上るため、ここでは特に1,000万ユーロ以上の罰金が科されたもののみを取り扱う。

(引用元:https://www.enforcementtracker.com/

罰金対象罰金額違反条項決定日制裁を科した当局
Amazon Europe Core S.a.r.l.746,000,000ユーロ不明2021/07/16ルクセンブルク
Meta Platforms, Inc.405,000,000ユーロ第5条
第12条
第24条
第25条
第35条
2022/09/05アイルランド
Meta Platforms, Ireland Ltd.390,000,000ユーロ第5条
第6条
第12条
第13条
2023/01/04アイルランド
Meta Platforms, Ireland Ltd.265,000,000ユーロ第25条2022/11/25アイルランド
Whatsapp Ireland Ltd.225,000,000ユーロ第5条
第12条
第13条
第14条
2021/09/02アイルランド
Google LLC90,000,000ユーロGDPR条項では
ないため割愛
2021/12/31フランス
Facebook Ireland Ltd.60,000,000ユーロGDPR条項では
ないため割愛
2021/12/31フランス
Google Ireland Ltd.60,000,000ユーロGDPR条項では
ないため割愛
2021/12/31フランス
Google LLC50,000,000ユーロ5条
6条
13条
14条
2019/01/21フランス
H&M Hennes & Mauritz
Online Shop A.B. & Co. KG
35,257,708ユーロ5条
6条
2020/10/01ドイツ
TIM27,800,000ユーロ5条
6条
17条
21条
32条
2020/01/15イタリア
Enel Energia S.p.A26,500,000ユーロ5条
6条
12条
13条
21条
24条
25条
30条
31条
2021/12/16イタリア
British Airways22,046,000ユーロ5条
32条
2020/10/16イギリス
Marriott International Inc.20,450,000ユーロ32条2020/10/30イギリス
Clearview AI Inc.20,000,000ユーロ6条
12条
15条
17条
31条
2022/10/17フランス
Clearview AI Inc.20,000,000ユーロ5条
6条
9条
12条
14条
15条
27条
2022/07/13ギリシア
Clearview AI Inc.20,000,000ユーロ5条
6条
9条
12条
13条
14条
15条
27条
2022/02/10イタリア
Meta Platforms, Ireland Ltd.17,000,000ユーロ5条
24条
2022/03/15アイルランド
Wind Tre S,p,A.16,700,000ユーロ5条
6条
12条
24条
25条
2020/07/13イタリア
Vodafone Italia S.p.A.12,251,601ユーロ5条
6条
7条
15条
16条
21条
24条
25条
32条
33条
2020/11/12イタリア
Notebooksbilliger.de10,400,000ユーロ5条
6条
2021/01/08ドイツ
Google LLC10,000,000ユーロ6条
17条
2022/05/18スペイン

まとめ

GDPRの罰金の種類を、主に二種類にわけてまとめた。

  • 軽度な違反
    • 罰金は1,000万ユーロ/組織の前年度売上の2%のいずれか高いほうが適応される。
    • 対象となる条文は認証機関、管理機関の制定に関するものが主
  • 重度な違反
    • 罰金は2,000万ユーロ/組織の前年度売上の4%のいずれか高い方が適応される。
    • 対象となる条文はユーザーの権利に関するものが主

また、現在罰金額の記録の上位を占めているのはAmazon, Meta, Whatsapp, Facebook, Googleといった大手IT企業が主となっている。

参考

セミナー・イベント情報