QuickMPC

セキュリティと
データ活用を両立させる
秘密計算エンジン
「QuickMPC」

QuickMPCは、手軽に、高速で、
安全な秘密計算を提供します。
高い汎用性を備えた独自エンジンにより
様々なビジネスに秘密計算を適用できます。
今までオープンにすることができなかったデータでも、
データの中身を明かすこと無く、
高度な分析を実現します。

高い安全性でデータを秘匿

秘密分散法でデータをいくつかの断片に
分割することで秘匿します。
断片からは元データが推測できず、一部が
漏洩しても、データが知られる心配はありません。

秘匿したまま高精度に分析

MPC技術により、データを秘匿化した状態のまま
高精度な機械学習や統計分析が可能です。
安全に提供された機密データを用いて、
より価値の高い結果を得ることができます。

秘匿したままデータの連携

秘匿化された状態でデータの分析を実行します。
そのため、複数組織にまたがるデータ活用でも、
データの中身を一切公開せずに活用できます。

QuickMPCとは

QuickMPCは、手軽に、高速で、安全な、秘密計算システムを実現するための秘密計算エンジンです。

専門的な知識や技術力を必要とせず、秘密計算システムを開発することができます。
環境や分析手法にとらわれない、汎用的で高性能なデータ保護と活用を両立したデータ分析を実現します。

QuickMPCのアーキテクチャ

QuickMPCの強み

手軽に、高速で、安全な秘密計算を

手軽に、高速で、
安全なマルチパーティ計算を

これまで専門的な知識が必要で、実装が難しかったMPCによる
秘密計算環境を、QuickMPCはインストールするだけで構築できます。
また、秘密計算専用の複雑な分析アルゴリズムをパッケージ化することで、
簡単に秘密計算を活用できるようにしました。
これで、データを保護したまま、データの活用が実現できます。

データを明かすことなく、高精度な分析を可能に

データを明かすことなく、
高精度な分析を可能に

秘密計算では、データを秘匿した状態のまま生データと同等の精度で
分析を実現します。
そのため、従来ではデータを保護するために匿名化やマスキング等で
情報量を落としていた分析に対し、データを保護しつつ、高精度での分析が
可能になります。
また、漏洩リスクの観点で活用できていなかったデータからも安全に
価値創出が可能となります。

QuickMPCのユースケース

マーケティング分析への活用

複数企業が保有する顧客情報(購買情報、趣味趣向情報、etc.)を秘匿したまま統合分析の実施。
統計情報や決定木等によりマーケティングへの応用。

GPS情報分析への活用

複数企業が保有する位置情報(GPS情報)を秘匿したまま統合分析の実施。
走行情報の解析や商圏の分析への応用。

データ分析企業への活用

データ分析を行う企業が、顧客から生データではなく、秘匿されたデータを提供してもらうだけで、分析サービスを提供。
企業の秘密情報や個人のプライバシーを含むデータの分析への活用。

マーケティング分析への活用

複数企業が保有する顧客情報(購買情報、趣味趣向情報、etc.)を秘匿したまま統合分析の実施。
統計情報や決定木等によりマーケティングへの応用。

課題

従来の手法では、分析を実施する企業に顧客情報の提供が必要であり、漏洩リスクやユーザのプライバシー侵害の問題がある。
また、個人情報保護法の改正によりデータの連携が難しくなるという問題もある。

期待される効果

各社のデータを秘匿したまま統合分析が可能である。そのため、データを保護したまま漏洩リスクを抑えて、複数データセットからマーケティングのための知見の獲得が可能となる。

GPS情報分析への活用

複数企業が保有する位置情報(GPS情報)を秘匿したまま統合分析の実施。
走行情報の解析や商圏の分析への応用。

課題

位置情報はユーザのプライバシーが付随するデータのため、センシティブな情報となる。そのため、外部へのデータ提供が難しいといった問題がある。

期待される効果

各社の位置情報を秘匿したまま統合分析が可能である。そのため、プライバシー保護の観点で集めにくかったデータセットに対して、統合分析による結果のみを得られるようになる。

データ分析企業への活用

データ分析を行う企業が、顧客から生データではなく、秘匿されたデータを提供してもらうだけで、分析サービスを提供。
企業の秘密情報や個人のプライバシーを含むデータの分析への活用。

課題

従来の手法では、データ分析を提供する企業は、顧客からデータを受け取り(中身が知られる状態)分析の知見を生かした分析結果を提供する。
そのため、分析対象データが漏洩リスクが高いものだと、案件が進まないという問題がある。

期待される効果

顧客のデータを秘匿したまま分析が可能である。顧客がデータの中身を知られたくない、または漏洩のリスクが大きいと感じて、これまで活用が難しかったデータに対し分析サービスの提供が可能になる。

QuickMPCのテクノロジー

MPC

暗号化されたデータを暗号化したまま、
データ分析に必要な計算を行う技術です。
一切のデータ中身を公開することなく、
生データと同じ精度の分析を行えます。

詳しく見る

秘密分散

秘密分散技術を用いてデータの暗号化を行うことで、データを断片化した状態で保存します。
断片化されたデータの一部が漏洩したとしても、
データを復元される心配がありません。

詳しく見る

データ分析

基本的な統計手法に合わせて、機械学習といった
高度な分析手法の計算を行うことができます。
データを保護しながら高精度な分析を提供します。

詳しく見る

マルチパーティ計算(MPC)

マルチパーティ計算(MPC)とは、複数のサーバ間で通信を行いながら同じ計算を同時に行う仕組みです。

次項の「秘密分散」と併用して使われ、この2つを合わせた計算を秘密分散ベースの秘密計算と総称されます。
秘密分散により断片化されたデータを、断片化されたデータのまま分析を行うのがMPCの技術です。

MPCでは、計算で得られた結果も、断片化データとして出力します。
一連の処理フローの中で生データを取り扱うことなく計算ができる特徴をもっており、秘密計算を実現する主要技術です。

秘密分散

秘密分散とは、元のデータをいくつかの断片情報に分散させてデータを無意味化する仕組みです。

断片化されたデータは、それ単体では元のデータの情報がわからないようになっています。
そのため、一部の断片だけが何者かに知られたとしても、データの中身を知られることはありません。

前項の「マルチパーティ計算」と併用して使われ、この2つを用いて行われる計算を、秘密分散ベースの秘密計算と総称されます。

データ分析

秘密計算の技術を用いることで、秘匿性の高い計算ができることに合わせて、従来のデータ分析と同程度の分析精度も実現しています。

QuickMPCは、基本的な統計(平均や分散、総和や中央値の計算など)だけでなく、機械学習に必要な分析(線形回帰分析や決定木)などの計算を行うことができます。

導入までのプロセス

1課題の検討
2トライアル
3開発
4保守・運用

1 課題の検討

お問い合わせを頂いた後に、担当者様および関係者様に現状のヒアリングと必要なデータの収集を行い、現状の問題と原因を構造化して解決するべきボトルネックを明確にします。
その後、実現可能性や費用対効果を検討しながら課題解決のためのアイディアとビジネスプランを構築します。

2 トライアル

ビジネスプランを構築した後に、PoC(サンプルアプリを用いた検証)やデモンストレーションを行います。
ビジネスアイディアやデータ分析の効果を測定しながら、プロジェクトの目的が明確に達成されるかを検証します。

3 開発

PoCで、プロジェクトの効果が最大限活かされると測定された後に、実際の本番環境にてシステムの開発を行います。
データの暗号化や蓄積、実際の計算モデルの実行環境まで、システムに必要な要件を定義・設計し、確かな技術力をもってシステムを開発します。

4 運用

重要なデータを多く取り扱うQuickMPCでは、セキュリティを最優先事項としています。重要なデータが活用されるほど、悪意を持った第三者の攻撃が激しくなり、常に最高水準のセキュリティを求められます。
QuickMPCは、データ活用の総合プラットフォームとして円滑な運用と最高水準のセキュリティを提供します。