SeDi Computation

SeDi Computation

全てのデータを秘匿したまま
高精度なデータ分析を可能にする
データ分析AI企業向けの秘密計算サービス

安全なデータ暗号化により
データの秘匿性を高めます

秘密分散技術を用いてデータの暗号化することで、データを断片化した状態で保存します。
それにより、データの一部が漏洩したとしても、データが見られる心配がありません。

暗号化されたままのデータで
高精度な分析を実現します

MPC技術により、データを暗号化した状態のまま、高精度な機械学習や統計分析が可能です。
安全に提供された機密データを用いて、より価値の高い結果を得られます

複数組織間のデータでも
安全に活用できます

データアクセスログをブロックチェーン上に記録することで、不正なデータ利用を防ぎます。
コンソーシアムチェーンを用いることで、任意の組織グループ間のみでのデータ共有も可能です。

SeDi Computationのサービス

SeDi Computationは、
個人情報などの機密性の高い情報でも、
データの内容を開示することなく分析できるデータ活用のための秘密計算プラットフォームです。

SeDi Computationを用いることで、データ提供者はデータの内容を知られることなく、
また、データの分析者は、分析の質を落とすこなくデータを分析することができます。

SeDi Computationのサービス

SeDi Computationの強み

高水準なセキュリティ性能

秘密分散暗号とブロックチェーンの技術を用いることで、高水準なセキュリティを実現します。
秘密分散暗号を用いることで、データを無意味データに断片化します。
断片化したデータをブロックチェーンの技術も用いて分散管理をすることで、データの秘匿性を高めます。

データを明かすことなく、
高精度な分析を可能に

一般的な分析手法では、データをモザイク化することでデータ分析のセキュリティ性を高くする一方、分析の精度が著しく落ちてしまいます。
SeDi Computationでは、暗号化したデータをそのまま分析することで、データモザイク化によるデータ欠如を無くし、生データと同じ精度の分析性能を出しながら、セキュリティ性を高く保ちます。

SeDi Computationのユースケース

複数企業でのプロジェクト

複数の企業で各社の持つデータを活用して、新たな価値創出を見込めるプロジェクトを行いたい

個人情報を活かしたい企業

個人情報に対してセキュリティに配慮したデータ活用が行いたい

クラウドを活用したい企業

クラウドを活用して、安全に自社のデータを管理したい企業

複数企業でのプロジェクト

複数の企業で各社の持つデータを活用して、新たな価値創出を見込めるプロジェクトを行いたい

課題

データの取り扱いによる漏洩や不正な二次利用の懸念からプロジェクトが進まない

期待される効果

各社の持つ生データを公開すること無く活用できることで他社との連携をセキュアに実現可能

個人情報を活かしたい企業

個人情報に対してセキュリティに配慮したデータ活用が行いたい

課題

個人情報や機密データの活用を行いたいが漏洩などのセキュリティ面の懸念がある

期待される効果

生データを直接扱うことなく、データの分析を行うことで、思わぬ漏洩事故などのインシデントリスクを無くすことが見込める

クラウドを活用したい企業

クラウドを活用して、安全に自社のデータを管理したい企業

課題

自社のデータ保管をクラウドで行いたいが、セキュリティの懸念があり、移行が進められていない

期待される効果

秘密分散法を用いて、クラウドに中身の情報を安全に保管すると同時に、分析を行いたいデータに関してはそのまま秘匿状態で安全な分析も可能になる

SeDi Computationのテクノロジー

秘密計算

データを開示することなく、データ分析などの計算をする技術です。暗号化されたままのデータでも、生データと同じ精度の分析を行えます。

詳しく見る

暗号技術

データセキュリティのコアとなる技術です。SeDi Computationでは従来の暗号技術基盤の上に、新しい暗号技術を組み合わせることで強固なセキュリティを確保しています。

詳しく見る

ブロックチェーン

改ざん耐性に非常に強い、分散型ネットワークの技術です。暗号技術と組み合わせることで、データの改ざんが不可能なネットワークの構築ができます。

詳しく見る

秘密計算

データを秘匿化(内容がわからない無意味化された状態)したまま、統計分析や機械学習などを用いた計算を可能とする技術です。

秘密分散法とマルチパーティ計算(MPC)という仕組みを組み合わせることで、実現されています。

秘密計算技術を用いることで、プライバシーに配慮したデータ活用や外部に詳細を公開したくないようなデータを安全に活用することが可能になります。

暗号技術

暗号技術は、データやシステムのセキュリティを高めるためデータや情報を他者に知られないように隠す技術です。

秘密分散法や楕円曲線暗号を始めとし、Acompanyのコア技術である秘密計算及びブロックチェーンの仕組みの裏側を支えています。

秘密計算用にデータの無意味化や秘密鍵を用いた電子署名技術などに応用をしています。

ブロックチェーン

分散台帳技術とも呼ばれ、複数のサーバーに分散してデータを管理することでデータの改ざん耐性を劇的に高める技術です。

ブロックチェーン技術を用いることでタイムスタンプのようにデータの時系列での保証とスマートコントラクトと呼ばれる改ざんできないアルゴリズムを実行できる特性を活かし、データの不正な利用や問題が発生した際にログの透明性を劇的に高めることが可能になります。

導入までのプロセス

1課題の検討
2トライアル
3開発
4保守・運用

1 課題の検討

お問い合わせを頂いた後に、担当者様および関係者様に現状のヒアリングと必要なデータの収集を行い、現状の問題と原因を構造化して解決するべきボトルネックを明確にします。
その後、実現可能性や費用対効果を検討しながら課題解決のためのアイディアとビジネスプランを構築します。

2 トライアル

ビジネスプランを構築した後に、PoC(サンプルアプリを用いた検証)やデモンストレーションを行います。
ビジネスアイディアやデータ分析の効果を測定しながら、プロジェクトの目的が明確に達成されるかを検証します。

3 開発

PoCで、プロジェクトの効果が最大限活かされると測定された後に、実際の本番環境にてシステムの開発を行います。
データの暗号化や蓄積、実際の計算モデルの実行環境まで、システムに必要な要件を定義・設計し、確かな技術力をもってシステムを開発します。

4 運用

重要なデータを多く取り扱うSeDi Computationでは、セキュリティを最優先事項としています。重要なデータが活用されるほど、悪意を持った第三者の攻撃が激しくなり、常に最高水準のセキュリティを求められます。
SeDi Computationは、データ活用の総合プラットフォームとして円滑な運用と最高水準のセキュリティを提供します。